« 花の季節になりました | トップページ | ポンプ式キャップを採用 Q'usゴールデンホホバオイル »

2016年1月18日 (月)

アタマジラミ駆除の実験とティーツリーオイル

以前にメルマガでご紹介をさせていただいた、アタマジラミ駆除の実験。2013年のものなのですが、非常に興味深いデータですのでこのブログでもご紹介をさせていただきます。
2013年にオーストラリア国内でアタマジラミ駆除剤メーカーがスポンサーとなった大学の実験・研究結果が発表され、新聞記事となりました。大学側は「中立」な研究としていますが、もちろんスポンサーとなったメーカーとしては自社の商品の有効性を明らかにしてもらうことが目的ですので、これがまず前提。
実験ではスポンサーとなったA社以外に複数のメーカーの商品が選ばれ、その効果を検証しました。もちろんA社の商品に好ましい結果が出たことが新聞記事となりましたが、実は新聞に出なかった実験結果を入手し大変興味深い数字を見つけました。
実験の中に各社の商品を塗布した後、アタマジラミを死滅させるのにかかる時間を計測する、というものがあったのですが、その結果A社の商品の記録は46.7分。ピレスロイド系殺虫剤を使ったB社の商品が56.4分だったので、天然成分で構成されたというA社の商品はかなり健闘したと言えます。(※A社の商品はワームウッド:学名artemisia annua が主成分です。)
実はこの部分が採り上げられて新聞記事になったのですが、更に数字をよく見ると当社の商品ではありませんが、ティーツリーオイルを主成分としたC社の商品があり、なんと記録は25.7分。A社の商品よりもはるかに早く効いている上、殺虫剤系のB社の商品の半分の時間しかかかっていませんでした。
オーストラリアでも殺虫剤を人体に使用することへの危険性が意識されている中、化学薬品系の殺虫剤に負けないほどに天然素材のアタマジラミ駆除剤に効果があることが裏付けられたとして記事は締めくくられていますが、スポンサー企業にとってはメリットの有る数字ではなかったためか、ティーツリーオイルの飛び抜けた高い有効性はニュース記事部分には採り上げられていませんでした。
私達としてはこのティーツリーの記録した「25.7分」という数字にとっても関心があったのですけれど。。。

ヒーリングスタイル アタマジラミ駆除ブレンド

|

« 花の季節になりました | トップページ | ポンプ式キャップを採用 Q'usゴールデンホホバオイル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134310/63084846

この記事へのトラックバック一覧です: アタマジラミ駆除の実験とティーツリーオイル:

« 花の季節になりました | トップページ | ポンプ式キャップを採用 Q'usゴールデンホホバオイル »