« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月20日 (水)

【閲覧注意】ティーツリーの抗菌効果が凄すぎる!

パンに生えるカビを使ったティーツリーオイルの抗菌(抗真菌)効果実験。

  >>> 実験の内容と途中経過はこちら
 
実験開始後、30日目(2015年5月20日)となる最終日の結果をご紹介しましょう。画像はクリックすると拡大できますが、あまりにもカビが凄いのでご注意を。

Img_2798
こうして並べて比較すると一目瞭然。ティーツリーオイルの凄い抗菌効果をハッキリと「見る」ことができます。
 
Img_2794
何も入れなかった方のパンはカビに侵食されて、既に形までもが崩れ始めています。右側の白っぽいところもパンの表面が見えているわけではなく、ベージュ色のカビにすっかり覆われています。
 
Img_2795
ちなみにティーツリーオイルの抗菌成分を濃縮した『ティーツリーオイル・エクストラクト』をドロップしたコットンを同梱した容器の様子がコレ。ティーツリーオイルを同梱したものと同様、強い抗菌効果をハッキリと見ることができます。

ティーツリーオイルにはとても強力な抗菌・抗真菌効果があることが目で見てご確認いただけることかと思います。
多くの方にティーツリーオイルの凄さ・素晴らしさを知って頂きたいので、今回の実験結果を気に入っていただきましたら、ぜひこの記事をシェアしてくださいね。

今回、実験に使用したオイル
ティーツリーオイル (ティーツリーファームズ社製)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

カビで実験ティーツリーの抗菌効果 (2015年)

今回はパンに生えるカビを利用したエッセンシャルオイルの抗菌(抗真菌)効果の実験です。2009年にも同様の実験を行なっていますが、今回はその追試です。

 >>>2009年の実験の様子はコチラから

前回の実験ではカビの生え始めたパンを利用していましたが、今回用意したのはパン屋さんで焼きたてのパン。これを精油が含まれたコットンとともにプラスチック容器に密封して屋内の常温空間に置き、経過を観察します。
なお、公平な条件となるよう、プラスチック容器は全て未使用のもので、パンの挿入などの作業は手袋を装着して行いました。

今回の実験に利用した精油は
・ マヌカ
の4種類です。コットンにはそれぞれ10滴の精油を含ませました。また、コットン自身が何らかの抗菌成分を含有している可能性も考慮し、公平を期すために何も加えていない容器にもコットンのみを置きました。
※画像はクリックする事で拡大して見ることができます。

実験初日(2015年4月15日)の様子

Img_2663_2

Img_2665


実験開始5日目(2015年4月20日)の様子

Img_2668_2
表面に小さな緑色のカビが2ヶ所見えます。

Img_2669_3
ティーツリーオイルは特に変化はありません。

Img_2670
エクストラクトにも特に変化はありません。

Img_2671
表面には特に変化はありませんが、裏面に小さな緑色のカビが2ヶ所。

Img_2672
マヌカでは大きめの赤いカビが1ヶ所、小さな緑色のカビが4ヶ所。


実験開始12日目(2015年4月27日)の様子

Img_2686
表面のカビが大きくなってきました。黒カビや白カビ、粉状の黄色いカビも見えます。

Img_2687
表面には変化なし。裏面に極小の緑の点が2ヶ所発生。

Img_2688
ティーツリーと同様に表面には変化なし。裏面に極小の緑の点が2ヶ所発生。

Img_2689 Img_2690
表面に小さなカビが発生。一方で裏面の青カビは随分と大きくなっていました。

Img_2691
マヌカオイルの含まれたコットンより遠い場所からコットンに向かってカビが増えています。黒カビや黄色いカビ、白いカビなどカビの種類が増えました。


実験開始20日目(2015年5月5日)の様子

Img_2729
カビだらけ。あらゆる種類のカビが表面を完全に覆い尽くしています。

Img_2726
表面には全くカビはありません。裏面にも直径4ミリ以下の小さな青カビの点と黒カビの点が1ヶ所ずつありますが、こちらも大きさに変化がなく、ティーツリーオイルの抗菌効果がハッキリ確認できました。

Img_2727
こちらも表面には全くカビはありません。裏面にも直径3ミリほどのの小さな青カビの点が2ヶ所ありますが、こちらも大きさに変化がなく、ティーツリーオイルと同様の強力な抗菌効果が確認できました。

Img_2728 Img_2731
予想外に健闘したのがペパーミント。表面には青カビの点がありますが、白カビなどの他の種類のカビの発生はありませんでした。裏面の青カビは大きくなっていますが、それでも一定の抗菌効果があると言えるでしょう。

Img_2730
今回、意外に苦戦したのがマヌカ。新たに表面の広い範囲に青カビの点が現れました。ただ、オイルを含むコットンに近づくにつれてカビが少なくなっており、一定の効果があることは見られます。なお、カビに対しては十分な結果が出ませんでしたが、この実験結果だけでマヌカの抗菌効果が否定されるわけではありません。


今回の実験でも前回の実験に引き続き、強力な抗菌効果を示したのはティーツリーオイルとティーツリーオイル・エクストラクトという結果となりました。食中毒予防に効果があるとされるペパーミントでも青カビを除く他のカビを寄せ付けない強力な効果が確認できたのは予想外の結果でした。

実験は開始から1か月後となる5月20日まで続けています。最終日の様子はこちらよりご覧いただけます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »