« 蒸留浄水器でローズウォーター作りに挑戦 | トップページ | 2015年1月からの新商品 »

2014年11月10日 (月)

「奇妙」なマカデミアナッツの畑

Img_2366この画像。マカデミアナッツ農園の画像なのですが、この画像の「奇妙」な点に気がついた方はおられますか?

この画像だけですと少し解りにくいかもしれませんが、その「奇妙」な点というのはこのナッツの木が植えられている環境のことになります。
通常、マカデミアナッツの木は丘陵地に植えられるのが「常識」。ナッツの畑を見渡すと丘陵の起伏に沿って木々が植えられている様子が見渡せます。
対してこの畑があるのは起伏のない平野部。低湿地帯で周辺にはティーツリーの畑やサトウキビの畑が広がっています。こうした低湿地帯はしばしば洪水もあり、一般的な野菜畑などには適しません。なので洪水が来てもダメージの少ない、そして栽培にあまり手のかからないティーツリーやサトウキビの畑として土地を利用するというのが、誰もが疑うことのない常識でした。

でも、この常識にあえて挑戦した農園がありました。そして成功したのがこのマカデミアナッツ農園。土は肥沃でナッツの成長には絶好な上、通常の畑は丘陵地で作業に手間がかかりますが(ナッツが転がっていってしまうほか、坂があるので農作業が大変)、平地の畑ならこのような手間も軽減されます。洪水と言っても数センチの高さで土地が冠水するだけで、木が大きくなってしまえば洪水の影響もほとんど受けません。

農園主さんに、「こんな平地にマカデミアナッツの畑は珍しいですね」と聞いてみると、「誰が、マカデミアナッツは丘陵地でしか育たないと決めたんだい?」とニヤリと笑って答えてくれました。
実際、初めて平地にナッツの畑を開いた際には周囲の農園から「うまくいくはずかない」と笑われ続けたのだとか。今ではこの成功体験をみて、周辺の農家でもサトウキビからマカデミアナッツに転作する農家が出はじめるまでになりました。

常識を疑うことによるイノベーション。こんな身近なところにも成功例がありました。

|

« 蒸留浄水器でローズウォーター作りに挑戦 | トップページ | 2015年1月からの新商品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134310/60629444

この記事へのトラックバック一覧です: 「奇妙」なマカデミアナッツの畑:

« 蒸留浄水器でローズウォーター作りに挑戦 | トップページ | 2015年1月からの新商品 »