« ティーツリーの森のブッシュファイヤー | トップページ | 風邪・花粉対策に「ティーツリー鼻うがい」 »

2014年1月24日 (金)

ティーツリー保湿ローションの作り方

冬の乾燥した時期、肌のカサカサも気になりますね。痒みを伴ったり白っぽく乾燥した肌が浮き上がってフケのようにポロポロと落ちてきたり・・・。実はスタッフの知人にもこのような症状の人がいたのですが、スキンケア効果のあるティーツリーオイルを活用したこの保湿ローションを使い、わずか数日で「フケのような肌荒れが無くなった」と、とても喜んでいました。
今回はこのレシピをご紹介しましょう。もちろん製作とご使用はくれぐれも自己責任でお願いします。

【用意するもの】
・精製水 (約69%)
・グリセリン (約30%) ←減らしてもよい
・ティーツリーオイル (1%) ←増やさないで
・100mlほどの小さなボトル

【作り方】(100ml作る場合の量)
まず、容器にティーツリーオイルを20滴(1ml)加えます。そこにグリセリン30mlを加えて、しっかり混ぜあわせます。キャップ付きのボトルの場合、この段階でボトルにキャップをして振ってしっかり撹拌して下さい。

ティーツリーオイルとグリセリンをしっかり混ぜてから、そこに水を加えます(約69ml)。水道水やペットボトルの水でもかまいませんが、腐敗しにくい精製水が良いかと思います。

これらをよく混ぜあわせて乾燥肌の気になる部分に1日1〜2回使用します。なお、グリセリンと水のバランスはお好みに応じて調整して下さ。ベトつき感が気になったり、肌のカサカサが落ち着いてきたらグリセリンの割合を15%程までに減らしても良いかと思います。

ローションは肌の広範囲に塗布する事になりますので、安全のためにティーツリーオイルの濃度は1%以上にしない事がポイント。ティーツリーは1%でも十分な抗菌・スキンケア効果があります。
保管ですが、水質にもよりますが、ティーツリーも入っていますので1ヶ月程度は保管できると思います。またオイルはグリセリンによってある程度水に溶けていますが、使用前にはもう一度振って混ぜあわせていただくのが良いでしょう。
保湿効果をより高めるために、ホホバオイルと組み合わせてご使用いただくのも良いですね。

 

|

« ティーツリーの森のブッシュファイヤー | トップページ | 風邪・花粉対策に「ティーツリー鼻うがい」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134310/58999751

この記事へのトラックバック一覧です: ティーツリー保湿ローションの作り方:

« ティーツリーの森のブッシュファイヤー | トップページ | 風邪・花粉対策に「ティーツリー鼻うがい」 »