« 足と靴のニオイ予防・対策にティーツリーを活用 | トップページ | ティーツリーは真っ赤なベンツに乗って・・・ »

2013年7月18日 (木)

冬のティーツリー畑の様子

2013ttfarm

ティーツリーオイルはティーツリーの木(枝や葉)から抽出されます。果実や花のようなものではないので理論上は季節にこだわらず一年中、いつでも収穫することができるのですが、実際には10月から1月頃までにその時期が集中しています。冬の間の畑の様子はこの画像のような感じ。葉が少し黄色みがかった色で新しい枝は伸びていません。もう少しして8月頃になると新芽が出始め、畑は全体にやや赤っぽくなります。これはティーツリーの新芽が赤いから。なのでこの画像は今は春を待つ「冬ごもり」中のティーツリーの木といったところでしょうか。

ところで収穫が春から夏にかけての一時期に集中する理由ですが、1つ目はオイルの品質。春先の赤い新芽には1,8シネオールの含有が多いため、この数値を下げるためには春先の収穫は避けたい、という事になります。2つ目はオイルの含有量。夏の間は樹木のオイルの含有量が増えるため、より多くのオイルが得られるのです。
2月以降は雨が多くなり、多くのティーツリーの畑は湿地に位置するで、ぬかるんで作業ができなくなることから収穫作業を行う農園は少なくなります。

|

« 足と靴のニオイ予防・対策にティーツリーを活用 | トップページ | ティーツリーは真っ赤なベンツに乗って・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134310/57814685

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のティーツリー畑の様子:

« 足と靴のニオイ予防・対策にティーツリーを活用 | トップページ | ティーツリーは真っ赤なベンツに乗って・・・ »