« 今シーズンは良質のオイルが期待できそうです | トップページ | ピンク色のティーツリーの花 »

2012年12月14日 (金)

ホホバが寒さで固まってしまうと、こうなります

2012jojobafl12012jojonafl2

冬のこの時期、少し寒いお部屋に置いておくとホホバオイルは白く濁ったり、画像のようにワックス状に固まってしまいます。
ホホバオイルはその成分の特性によりより10度前後で固まってしまいます。 凝固する際、まずは白く濁り始め、沈殿物が生じたように見え、そしてこの様に完全に固まってしまいます。そのため、この途中の過程ではあたかもオイルが腐敗してしまったように錯覚してしまいますが、実際には腐敗してしまうことはありませんのでご安心を。
もしこの様に完全に固まってしまった場合でも、暖かいお部屋に移すと再び元の液状のオイルに戻ります。白濁があった場合でも同じですね。 凝固することによる品質面での心配についてですが、ホホバオイルはその成分が非常に安定していることもあり、凝固を繰り返した場合であっても品質に劣化が生じる事はありません。ただしフレグランスタイプの場合には溶解後、ボトルをよく振って混ぜ合わせてからご使用いただくことをお勧めします。

|

« 今シーズンは良質のオイルが期待できそうです | トップページ | ピンク色のティーツリーの花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134310/56316372

この記事へのトラックバック一覧です: ホホバが寒さで固まってしまうと、こうなります:

« 今シーズンは良質のオイルが期待できそうです | トップページ | ピンク色のティーツリーの花 »