« 初夏の雹 まるで雪景色 | トップページ | 今シーズンは良質のオイルが期待できそうです »

2012年11月 2日 (金)

ホホバオイルの濁りについて

先日、お客様よりキュアスのゴールデン・ホホバオイルの濁りについてお問い合せをいただきました。

結論から言いますと、この濁りはホホバオイルの成分によるものであり、品質上は全く問題ありません。
ゴールデンホホバオイルは無精製のオイルです。低温圧搾後には当然、ミクロン単位でのでのフィルター処理は行っていますが、濁りの原因となっているホホバの成分はこれを通り抜けてしまいます。濁りの発生頻度は天然のオイルですので、もちろんロットによっても違いがあるのですが、温度が下がりますとホホバオイルは凝固してワックス上に変化しますので、室温が下がるこの時期には特にこうした濁りが発生しやすくなります。
ということで、白っぽい濁りや沈殿物などがあった場合でも品質上は全く大丈夫。どうぞ安心してご利用ください。

|

« 初夏の雹 まるで雪景色 | トップページ | 今シーズンは良質のオイルが期待できそうです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134310/56025072

この記事へのトラックバック一覧です: ホホバオイルの濁りについて:

« 初夏の雹 まるで雪景色 | トップページ | 今シーズンは良質のオイルが期待できそうです »