« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月18日 (火)

超新鮮なオイル 農園の皆様にも感謝です

実は7月からあらゆる商品の出荷量が増えてきました。理由は分かりませんが、短期間でのリピートも多く、ティーツリーファームズの商品をご愛顧いただけるお客様が増えた事はメーカーとして嬉しい限りです。

ところで商品の回転が速くなると難しくなるのが在庫管理。あまり多く持ちすぎますと鮮度管理が困難となり、少なすぎると欠品が多発することになりますから、このバランスが結構難しいワケです。

で先日、とある種類のオイルにお客様のご注文が集中し在庫が急に少なくなってしまいました。このペースだとすぐに欠品となってしまいます。
そこで無理を承知で農園の皆さんに相談をし、ティーツリーファームズの商品のためだけに特別にハーベストをしてくださることになりました。
「朝とれ野菜」や「朝とれ鮮魚」とまでは言いませんが植物のハーベストから3日以内で届いたオイルはとても新鮮で爽やかな香りでした。エッセンシャルオイルにおいてこれほどのスピードで農園の方が対応して下さることは本当に異例です。

ティーツリーファームズはお客様、そしてこうした生産者の皆様に支えられている事に心から感謝したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

国際アロマセラピー会議(参加報告)

Aromacong前回の記事でも少し触れましたが、Tea Tree Farmsでは8月31日から9月2日まで京都国際会議場にて開かれた国際アロマテラピー会議にスタッフが参加しました。

会議2日目の午前中に行われた国際シンポジウムにおいて、アメリカの医療機関におけるエッセンシャルオイルの活用事例に触れたメアリー・E・キーニー氏の発表の後「アメリカの医療機関で使用する精油の選択基準に関して」質問を行いました。(質問は他の参加者の皆さんが理解しやすいようにと思い、あえて日本語で行ったのですが、通訳の方の英訳が十分でなかったらしく質問の意図が伝わらなかったため、改めて通訳を介さずに英語で質問を繰り返しました。この事から通訳を通してやりとりを聞いておられた方には質問と回答がかみ合っていないように思われてしまったようで、少し残念でした。)
メアリー・E・キーニー氏の回答より、メーカーとして出荷される商品全においてガスクロマトグラフィー成分解析を行い、精油がどのように構成されたものなのかを明確に数値で確認できる点などが重要だとの回答を得て、Tea Tree Farmsにおける品質管理がアメリカにおける医療機関での使用判断基準を満たす条件で行われている事が確認できた事が大きな収穫でした。

会議3日目にはエッセンシャルオイルの抗菌作用について、過酸化水素との関わりを検証した発表や、カンジダ菌に対するティーツリーオイルの有効性に関する研究発表など、大変興味深い発表が続き、日本の医療においてアロマテラピーやエッセンシャルオイルがいかに期待されているのか、そして深く研究されているのかを知る大変貴重な機会となりました。

今回は会議そのものへの参加が主目的でしたので、小さなブースの商品展示は行いましたが、商品の販売は行いませんでした。にもかかわらず、多くのお客様、そして医療関係者の皆様にお声がけをいただきました事、この場を借りて深く御礼を申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »