« 精油を語る(3)レモンマートル | トップページ | 精油を語る(5)ロザリーナ/ラベンダーティーツリー »

2012年1月20日 (金)

精油を語る(4)マヌカ

B_manukaマヌカという名を聞くと蜂蜜、優れた抗菌効果で有名なマヌカハニーをイメージする方が多いのではないでしょうか。

ニュージーランドに深い縁のある方なら、もしかすると「マヌカ」という名前よりも「ティーツリー」という名前でこのオイルのことを聞いたことがあるかもしれません。これはニュージーランドでティーツリーと言うとマヌカを指す場合がしばしばあるからです。この結果、ティーツリー(Melaleuca alternifolia)オイルを含有する商品に誤ってマヌカの花の写真や絵柄が使われているケースをしばしば目にします。

名前こそティーツリーと呼ばれる事があるものの、マヌカとティーツリー(Melaleuca alternifolia)は別の種類の植物で、抽出されるオイルも全く異なります。しかし共通するにはどちらにも黄色ブドウ球菌やカンジダ菌などに対して強力な抗菌・殺菌効果があるということです。これこそがこの2種類のオイルをさらに混同させる原因なのですが、含有される抗殺菌に有効な成分は全く異なります。
ティーツリーオイルがテルピネン4オールを中心とした成分が抗殺菌に有効であるのに対して、マヌカオイルはLeptospermoneを中心とする4種類のトリケトンと呼ばれる成分が有効となっています。

時折、ティーツリーオイルとマヌカオイルのどちらの方が抗菌・殺菌に効きますか、というお問い合せをいただきます。しかしながら抗殺菌効果を持つ成分が全く異なるわけですから、対象となる菌によってその効き方も変わってきますので、一概にどちらが強い、弱いということは言えません。
マヌカオイルに関する情報をネットで検索すると、商品の宣伝に「ティーツリーオイルの○○倍の殺菌効果があります」などと記載しているケースがありますが、比較に用いられたティーツリーオイルの品質も不明な上、これは特定の「ある種類の菌」に対して出た結果であって、販売者にとって都合の良い数字を大きく扱った、ある種のトリックでしょう。

しかしながら、マヌカオイルにはティーツリーと同様に大変強い抗殺菌効果があることは事実であり、日本においてもこの抗菌効果を生かしてアトピー性皮膚炎の治療にしばしば用いられているようです。(ただし、Tea Tree Farmsでは具体的な使用方法についてのお問い合せにはお答えできませんのでご了承下さい。)


こんな素晴らしい抗菌効果が期待できるマヌカオイルですが、一方で当社が出荷するオイルの中で香りに対するクレームが過去に最も多いオイルでもあります。これは品質や香りがおかしいといった類ではなく、非常に説明しづらいクセのある独特な香り、あえて言うなら漢方薬のような香り、とでも言いましょうか、この香りに対して用途が見いだせないというもので、芳香でゆっくり楽しもうという方にはあまりオススメできない香りです。もしブレンドをするならサンダルウッドとなら合わせることができるかと思いますが、マスクできるような香りでもありませんので。。。
と、言うことで香りを楽しむ用途ではお勧めできません。また空間の抗菌のためにディフューザーなどを使って屋内に拡散するのも、避けられた方が良いのではないでしょうか。もちろん香りへの好みによりますが。

ところでTea Tree Farmsで出荷しているマヌカオイルはニュージーランド・イーストケープ産の100%ピュアオイルです。マヌカオイルについては肌への使用を前提としてアーモンドオイルなどで希釈したオイルが多く出回っていますので、オイルを選択する際に混同してしまわないよう、ご注意下さい。

▽マヌカオイルのページ
http://www.teatree.jp/TTF/manuka_product.htm

|

« 精油を語る(3)レモンマートル | トップページ | 精油を語る(5)ロザリーナ/ラベンダーティーツリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134310/53778200

この記事へのトラックバック一覧です: 精油を語る(4)マヌカ:

« 精油を語る(3)レモンマートル | トップページ | 精油を語る(5)ロザリーナ/ラベンダーティーツリー »