« 精油を語る(8)ブルーサイプレス | トップページ | 精油を語る(9)ホホバ »

2012年1月28日 (土)

今年のインフル・風邪予防には精油を活用しましょう

インフルエンザの流行中ですが、予防に精油を活用してみませんか。

<空間に拡散>
抗菌効果の高い精油をディフューザーを使用して空間に拡散します。キャンドル式のアロマポットでは拡散量が少なすぎますので、超音波式のディフューザーを使用して下さい。小さな空間であれば芳香用のディフューザーでも構いませんが、リビングなど広めの空間や寝室で夜間を通して長時間運転するなら専用の抗菌用ディフューザーの使用がお勧めです。
拡散するオイルはティーツリーやユーカリなどがお勧め。色々な香りを楽しみながら抗菌するなら抗菌エッセンシャルオイル『メディフレグランス』をご利用下さい。オレンジやラベンダーなどの香りを楽しみながら空間の抗菌ができます。

<手洗い>
手洗いは風邪予防に最も有効といわれています。市販の液体石鹸にティーツリーオイルを加えて混ぜ合わせ、抗菌石鹸を作りましょう。100mlの液体石鹸に対して1〜5mlのティーツリーオイルを加えてよく混ぜあわせれば完成。石鹸によっては分離する事がありますので、この様な場合には使用前に良く振って混ぜ合わせて使用します。

<うがい>
風邪予防にはうがいも重要。コップ1杯の水にティーツリーオイルを1滴加えてうがいに使用します。オイルは苦味が強いため、この苦味が苦手な方にはティーツリー20%希釈オイルの方が使いやすいかと思います。鼻うがいでも使用できます。
ティーツリーオイルを使ったマウスウォッシュも併用すると口臭や口内炎予防になりますのでこちらもお勧め。マウスウォッシュの作り方はこちらのリンクから記事を参照して下さい。

<抗菌スプレー>
「水でうすめてつかえるティーツリーオイル」を使って抗菌スプレーを作ります。作り方は簡単でこの特別なオイルを水で5〜10倍に希釈して、スプレー容器に入れるだけ。抗菌したい空間で拡散してみましょう。
インフルと同じ頃に増えるのが胃腸風邪と呼ばれるタイプのトラブル。これにはキッチンまわりの抗菌が有効です。ペパーミントオイルを活用した抗菌スプレーを活用してみませんか。作り方はこちらのリンクから記事を参照して下さい。

精油には香りを楽しむだけでなく、日常生活においても様々な活用方法があります。今年の風邪予防に積極的に活用してみませんか?

|

« 精油を語る(8)ブルーサイプレス | トップページ | 精油を語る(9)ホホバ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134310/53842396

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のインフル・風邪予防には精油を活用しましょう:

« 精油を語る(8)ブルーサイプレス | トップページ | 精油を語る(9)ホホバ »