« 今年のインフル・風邪予防には精油を活用しましょう | トップページ | 精油を語る(10)アニスシードマートル »

2012年1月30日 (月)

精油を語る(9)ホホバ

Jojobagolden今回はホホバオイルです。「でも、ホホバオイルは精油じゃないのでは?」と思われた方がおられましたら正解です。ホホバオイルは精油・エッセンシャルオイルではなく、これらを希釈する為に使用されるキャリアオイルに区分されるべきオイルです。しかし、たとえばマッサージオイルを作るとして、精油とキャリアオイルのどちらをより多く使うでしょう? もちろんキャリアオイルですね。
つまり、どれだけ良質な精油を使用したとしても、同時に使用するキャリアオイルの品質がイマイチなら全てが台無しになってしまうということ。ですから、精油と同じほど、むしろそれ以上にその選択に気を使いたいのがキャリアオイルなのです。そこで今回は精油ではありませんが、ホホバオイルについて語ってみたいと思います。

ホホバオイルは北米、南米を中心に生産されるオイルです。現在ではオーストラリアやイスラエルなどでも生産されており、Tea Tree Farmsで出荷しているホホバオイルは全てオーストラリアで生産されたオイルになります。
ホホバオイルには無色透明に精製漂白されたものと、ゴールデンと呼ばれる精製漂白のないタイプの2種類があります。日本ではかつて、無色透明タイプが人気で主流でしたが、現在では高品質で化粧品としても多用されるゴールデンタイプのホホバオイルの人気が高まってきました。
では何故ゴールデンカラーなのか? その理由は簡単で、精製漂白する必要がないほどに品質が高いオイルだということなのです。ホホバには化粧品として利用されるゴールデンのほか、工業用として使用される工業用グレードなどいくつかのグレードが存在し、もちろんその価格には大きな開きがあります。ホホバオイルを探していて、どうしてこれだけ価格に開きがあるのか、と疑問に思ったことがある方、その答えはオイルのグレード・品質だったんです。
だからこそ「ホホバオイル」という一括りで単純にオイルを選択するのではなく、そのグレードを見極めて選択する事が重要になるのです。

ティーツリーファームズ/ヒーリングスタイルのホホバオイルはオーストラリア産のゴールデンホホバオイルです。オーストラリア産のオイルはコスメ業界でも高い評価を受けており、日本でも大手企業が採用するなど、人気が急上昇中。安定した品質には定評がありますが、引き合いの増加に伴い、近年生産者価格が急上昇しています。
ティーツリーファームズ/ヒーリングスタイルでは生産農園との直接取引に加えて、容器の共通化・簡素化などを通じ、比較的安価でフェアな価格を実現しています。特に大容量での「まとめ買い」がオトクなのですが、そうすると気になるのが保存期限。多くのキャリアオイルは酸化により劣化が進みやすいため、長期保存に適しません。しかしご安心を。ホホバオイルはその成分が大変安定しており、酸化がほとんど進まないため長期保存に適しているのです。常温のまま3年は十分に保管可能ですのでまとめ買いに適したオイルと言えます。

ホホバオイルを精油を希釈するためのキャリアオイルとしてならTea Tree Farmsブランドのホホバオイルをご選択下さい。(→Tea Tree Farms ホホバオイル
一方でコスメ用途であればヒーリングスタイルブランドの商品がお勧め。ヒーリングスタイルの商品にはスライド式のキャップを採用していますので片手で簡単に使えるほか、プレーンタイプのオイルに加え、ラベンダーやゼラニウム、ペパーミントなどの香りを加えたフレグランスタイプ、ティーツリーオイルから抽出した抗菌成分を加えた抗菌タイプなど6種類のホホバオイルの中からご選択いただけます。(→ヒーリングスタイル ゴールデンホホバオイル

精油に対してキャリアオイルはどうしても「オマケ」という感覚で安易に選択しがちですが、むしろ精油より使用量が多いキャリアオイルだからこそ、もっと厳しい目で選択することが大切なのです。


<追記>
この記事をお読みいただいた読者の方より「基本的には値段が高ければ高いほどよい商品ということですよね。」とのご質問をいただきました。

品質と価格についてですが、常識的な価格の商品を選択いただければ良いというものであって、激安商品にはそれなりの理由があるということを書かせていただきました。
もちろん逆に高ければ高いほどよい・・・というものでもありません。ホホバオイルの生産者市場価格からあまりにかけ離れた価格の商品は容器や梱包が高額なのか(製造原価で実は中身よりも容器の方が高い、なんていうことも)、広告費を掛けているのでコストが高くなっているのか、規模が小さいため製造原価そのものが高止まりしているのか、もしくは販売者の利益率が高いだけなのか・・・様々な理由があるかとは思います。

他社様の事情・方針についてコメントする立場にはございませんが、時折、弊社商品が他社様の商品と比較して割安なことからその理由についてお問い合せをいただく事がございます。当社では過剰な包装を避けるなどのコスト管理を徹底した上で国際価格を基準としてコストに対して適正な利益を加算した「フェアな価格」での商品価格の決定を行っています。品質に妥協のない、他社様に劣らぬ高品質なオーストラリア産ゴールデンホホバオイルをお届けしていますのでご安心下さい。

|

« 今年のインフル・風邪予防には精油を活用しましょう | トップページ | 精油を語る(10)アニスシードマートル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134310/53859796

この記事へのトラックバック一覧です: 精油を語る(9)ホホバ:

« 今年のインフル・風邪予防には精油を活用しましょう | トップページ | 精油を語る(10)アニスシードマートル »