« ペパーミントオイルが涼しく感じられる理由 | トップページ | 南半球はちょっぴり春の気配 »

2011年8月 8日 (月)

エッセンシャルオイルの計量にお勧めのアイテム

2011toolアロマテラピーも初期の頃はオイルの量を1滴、2滴と滴下数でその量を計量している方が大半かと思います。しかしオイルを活用して石鹸や化粧水、マッサージオイルなど色々と作り始めるならオイルの計量方法は計量器具を使った方法に変える事をお勧めします。

エッセンシャルオイルのボトルに装着されたドロッパーは1滴の量が約0.05mlになるように作られています。しかしながら、あくまでもこの量は目安。ドロッパーそのものの作りによる誤差に加えて、オイルの粘性や温度などによりこの量は微妙に変化します。仮に10%の誤差があったとして1滴ならば僅か0.005mlですから影響はほとんどありませんが、これが100滴などとなると少し気になる誤差になってしまいます。複数のオイルをブレンドする場合などは毎回、仕上がりに微妙な違いが生じてくる原因にもなります。

そこで利用していただきたいのがこうした計量器具。正確な計量の必需品です。ちなみに画像のようにTea Tree Farmsにもたくさんあり、さながら理科の実験室のようですね。

計量で使用するメスシリンダーは計量するオイルの量によりますが、趣味での利用であればあまり大きなもではなく10mlや25mlといった小さなものの方が誤差も少なく、使いやすいかと思います。これらはアロマショップのほか、楽天市場などにある計量器具専門店で安く見つけることが可能です。複数のオイルを混ぜ合わせる場合にはメスシリンダーは複数本用意しておくと便利です。さらに小さな量であればスポイトを利用するのが便利でしょう。目視で計量する場合、ビーカーを使った計量は誤差が生じやすいのでお勧めできません。一方で重量で計量する場合にはビーカーが便利です。この場合、0.5グラム単位で計量できる電子はかりがお勧めです。

なお、こうした計量器具やビーカーを購入する際にガラス製のものを選択するようにして下さい。プラスチック製の容器の場合、スチロール製など素材によってはエッセンシャルオイルの成分で熔解したり、割れてしまう場合があります。
また、計量する場合には病院などで使われている使い捨てのラテックス手袋の使用がお勧めです。これはもしオイルをこぼしてしまった場合などに多量のオイルが肌に直接触れることを防くのに効果的です。キッチンペーパーも一緒に用意しておきましょう。

以上が「アロマライフがちょっと本格的になってきたかな・・・」、そんなステージになったら購入していただきたいアイテムでした。

|

« ペパーミントオイルが涼しく感じられる理由 | トップページ | 南半球はちょっぴり春の気配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134310/52423647

この記事へのトラックバック一覧です: エッセンシャルオイルの計量にお勧めのアイテム:

« ペパーミントオイルが涼しく感じられる理由 | トップページ | 南半球はちょっぴり春の気配 »