« ブルーサイプレスオイルの効果 | トップページ | キレイな春菊の花 »

2010年10月17日 (日)

マカデミアナッツオイルの選び方

Maca20073テレビ番組で紹介されたということで、マカデミアナッツオイル(マカダミアナッツオイル)をキーワードにTea Tree Farmsのページを訪問下さる方が増えています。そこで今回はマカデミアナッツオイルについて少しご紹介しましょう。

マカデミアナッツオイルはその名前の通り、マカデミアナッツを低温圧搾することにより抽出されるオイルです。このナッツ、日本にはハワイのお土産(チョコレートコーティングされたものなど)として知られる事が多かったのですが、元々はオーストラリアの樹木です。もちろん、現在でもオーストラリアでたくさん栽培されています。

オーストラリアでセラピストがマッサージをする際に最も多用されるオイルがこのマカデミアナッツオイル。生産地と言うことで鮮度の良いオイルが安価に入手できる上、その成分が肌にとても良く、また上質なコスメティックグレードのオイルはナッツ独特の臭いも少なく伸びも良いため、マッサージオイルとしての定番です。

さて、ここでオイルのグレードに触れてみましょう。マカデミアナッツオイルで検索しますと様々なグレードのオイルを見つけることができます。最も安価なのが食用グレード。もちろんマッサージにも利用できますが、ナッツ独特の臭いが強く、粘性が強いためベトベト感がありますのでオーストラリアではこのグレードのオイルはプロのマッサージに用いられることはありません。

これに対してオーストラリアのプロのセラピストが使用しているのが化粧品グレードと呼ばれるもので、ナッツ臭も少なく、粘性が低いためベトベト感もほとんどないマカデミアナッツオイルです。値段は食用グレードより割高ですが、違いは歴然としています。もちろんTea Tree Farmsのオイルも上質なプレミアム・コスメティックグレードのオイルです。

単に「マカデミアナッツオイル」として検索しますと沢山の種類の、様々なグレードのオイルが出てきますが、スキンケア用途であればTea Tree Farmsで取り扱っているような、コスメティックグレードのオイル(特にオーストラリア産)を選択することをお勧めします。

▽Tea Tree Farms マカデミアナッツオイル
http://www.teatree.jp/TTF/c_product_maca.htm

|

« ブルーサイプレスオイルの効果 | トップページ | キレイな春菊の花 »

コメント

こんにちは、Tea Tree Farmsです。コメントありがとうございます。
ご指摘の通り、最も栄養価が高く優れたオイルは無精製のオイルです。ただ、残念ながら無精製オイルは粘性が高いためスキンケアやマッサージなどの用途ではオーストラリアにおいてほとんど使用されていません。いくらナチュラルとはいえ、強いナッツの香りのするベトベトのオイルを使ってのマッサージは心地よいとは言えないからでしょう。実はTea Tree Farmsでも以前、無精製のオーガニックオイルを出荷していましたが、以上の様な理由により現在のプレミアム・コスメティックグレードに切り替えた経緯があります。ホホバオイルが無精製でも香りが少なく粘性が低いのとは対照的と言えますね。

なお、全てのコスメティック用途で精製されたオイルの素材が低グレードナッツより抽出されたオイルだというのは正確ではありません。
どうぞ安心してご利用下さい。

投稿: Tea Tree Farms | 2010年11月 4日 (木) 18時15分

ナッツ臭が少ないのは脱臭しています。
香りを抜くのは高温で処理された加工品、
または品質の悪いナッツから抽出されたオイルは匂いがきついため、
精製し、ナッツの香りを消していしまいます。
本来はナッツの香りがするのは自然なこと。
わざわざナッツの香りを消し、粘度をサラサラする必要はないのです。
低温で圧搾し、一番搾りの高品質なマカダミアナッツ油は粘度もありナッツの香りがします。
お勉強し直した方が良いと思います。

投稿: マカダミアナッツ油の正しい選び方 | 2010年11月 4日 (木) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134310/49765080

この記事へのトラックバック一覧です: マカデミアナッツオイルの選び方:

« ブルーサイプレスオイルの効果 | トップページ | キレイな春菊の花 »