« ホホバオイルが入荷 農園主さんが直々に配達 | トップページ | これが流行の巨大なアボカド »

2010年9月 6日 (月)

抗生物質とティーツリーオイル

ここ数日、抗生物質に耐性のある菌による院内感染の話題が日本の新聞記事に取り上げられています。ティーツリーオイルは抗生物質と深い縁がある事をご存じでしょうか? 

実は抗生物質が発明される前まで、ティーツリーオイルはオーストラリアにおける殺菌・抗菌薬として多用されていたのです。そして抗生物質が発明されてからはこの「魔法の薬」に追われる形で人々から忘れられてゆきました。
しかし、耐性菌が現れ、抗生物質が万能ではないことが知られたことをきっかけに再びティーツリーオイルの価値は見直され、現在では再びオーストラリアの一般家庭において広く日常生活で使用されるようになっているのです。

事実、オーストラリアではちょっとした切り傷や擦り傷などの場合、多くの医師や薬剤師は「ティーツリーオイルを塗布して消毒・殺菌して下さい」とアドバイスしています。豪国内や欧米での研究結果も揃ってきており、ティーツリーオイルが黄色ブドウ球菌や緑膿菌、大腸菌、そして最近話題のアシネトバクター菌などにも有効に作用する事が知られています。

もちろん、抗生物質の役割の全てをティーツリーなどに置き換えることはできませんが、抗生物質の多用が耐性菌を作る原因となっている以上、抗生物質以外に目を向けるのは自然な流れと言えるでしょう。また今後、抗生物質が効かない菌が生まれた場合において、もっと真剣にティーツリーオイルなどの抗生物質以外のものが見直される日が来るのかもしれません。

|

« ホホバオイルが入荷 農園主さんが直々に配達 | トップページ | これが流行の巨大なアボカド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134310/49369911

この記事へのトラックバック一覧です: 抗生物質とティーツリーオイル:

« ホホバオイルが入荷 農園主さんが直々に配達 | トップページ | これが流行の巨大なアボカド »