« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月28日 (水)

ティーツリーオイルで口内炎対策

昨日、自宅の冷蔵庫の大掃除をしていて見つけたのが口内炎用の薬。3年以上前に使用期限が切れていた口内炎薬は未開封のままでした。購入したのはおそらく5〜6年以上も前のことだと思います。
当時、口内炎で悩んでいた家族が購入したものでしたが、ティーツリーオイルを使ってうがいをすることで治ってしまったため、そのまま未開封のまま冷蔵庫の奥で保管される事になったようです。

口内炎については様々な原因が疑われているものの、細菌が関与しているケースが多いと言われています。そのため強い抗菌・殺菌効果が期待できるティーツリーが役に立つのでしょう。日本でも国立の医療系大学でのティーツリーオイルの有効性に関する研究の成果が学会で発表されるなどしたことから、ティーツリーオイルの使用を薦める口腔専門家が増えてきたようです。
そんな理論的な裏付けはともかく、オーストラリアでは口内炎対策として既に長い間活用されており、知る人ぞ知る「特効薬」的な存在です。

使い方ですが、綿棒などを使って直接塗布する方法のほか、ティーツリーを1〜2滴加えた水で口をすすぐ方法などがあります。なお、味は・・・苦くかなり不味いですのでご注意下さい。
ピュアティーツリーではなく水溶液を使っている人もいますが、水溶液はティーツリーオイルの苦味を一層強く感じさせますので、個人的には水溶液の使用は避けています。水溶液よりは希釈オイルを選択する方が無難でしょう。私自身は苦味の少ない20%希釈オイルを塗布やうがいで使っています。口内炎だけでなく、歯茎に何かが刺さり腫れてしまった時などの対策にも多用しています。

なお、これらの使用方法はオーストラリアで一般的に使用されている方法をご紹介しているものであり、Tea Tree Farmsとしてこれらの使用方法を推奨しているものではありません。実際のご使用にあたりましては十分にご注意いただいた上で、必ず自己責任にてご使用下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

虫刺されとティーツリーオイル

2009teatreeflオーストラリアは7月に入って冷え込みが少なく雨が多かった事から真冬なのにもかかわらず蚊が増えてきました。

虫刺されは体質によってその後の体の反応がかなり異なりますが、私自身は虫刺されがあると家族の中で一番赤く腫れて強い痒みが出る上、治癒までに1週間ほどかかりますので、「虫刺されアレルギー」のある体質のようです。最近はハーブの虫よけスプレーを多用しているのであまり刺される事はなくなりましたが、油断をしてスプレーのないままに屋外で時間を過ごしてしまうとやっぱり刺されてしまいます。

そこで虫に刺されて痒みが出た時に使用しているのが・・・おっと、その前にこの使い方はTea Tree Farmsとして推奨しているものではないので、あくまでも皆様の自己責任で!!

で、私が個人的に、そして自己責任の下で使用しているオイルですがティーツリーオイルティーツリーオイル・エクストラクトです。痒みを感じたら指先でオイルを直接塗って使用しています。エクストラクトの方が成分が強いので(かゆみ止め効果も強い)、激しい痒みを感じた時にこちらを選択しています。
刺された直後のほか、しばらく経った後、お酒を飲んだときなどに痒みを感じる事も多く、その度に何度か塗布して使用しています。痒みのため血が出てしまうほど引っ掻いてしまった時も、ティーツリーならシミることがないので痛みもなく使えます(かえって傷口の消毒になって良いかも)。

なお、私個人にはとてもよく効く便利なオイルですが、ティーツリーオイルの成分が体に合わない方の場合、肌が赤くなったり,湿疹が出たりすることがありますのでご注意下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

ブルガリアン・ラベンダーオイルを入手

2010laveder_set先日、個人で注文していたブルガリア産のラベンダーオイルが今日到着しました。販売用ではなく、あくまでもTea Tree Farms商品との香りの比較のためのサンプル用としての入手です。
お客様より香りについてお尋ねを受ける事がありますので、資料としてこうした各地のオイルのサンプルは必須です。

オーガニック認証を受けたブルガリア産の真性ラベンダー(Lavandula angustifolia)。香りはフローラル感が強くタスマニア産に似ていますが、スッとした香りの部分もタスマニアンより強め。成分分析はしていませんが、香りからリナロールの含有量が高く、リナリルアセテート(酢酸リナリル)成分もタスマニア産(2008年産)より少し高めといったところでしょうか。フランス産のものと比べるとカンファの含有量がかなり少ないようで穏やかで優しい香りが楽しめます。調べたところ、ブルガリア産のラベンダーオイルは円やかな香りで人気とのこと。ブルガリア産の華やかな香りのラベンダーオイルがお好きなお客様にはきっとタスマニア産のラベンダーもお気に入りいただけるかと思います。

スッとした香りが強いと書きましたが、この部分はリナリルアセテート(酢酸リナリル)が作り出している香りですので、華やか系ではなく流れるようにスッキリした香りのラベンダーオイルがお好きな方にはこの成分を豊富に含むニュージーランド・ラベンダーがお勧めですね。

今回、比較した中で最も異なった香りがしたのはフランス産のラベンダーオイル。こちらは比較的安価なアロマテラピー用の一般グレードのオイルです。その価格からこの香りこそが「ラベンダーの香り」として最も一般的に知られている香りではないでしょうか。刺激のあるカンファの成分が強くパンチの効いた香りです。

実はTea Tree Farmsのラベンダーオイルの香りをお試しになりその香りの違いに驚かれるお客様が多いのですが、「ラベンダーオイル」と単純に一括りせず、是非、色々なラベンダーの香りをお試しになっていただきたいと思います。
エッセンシャルオイルは産地だけでなく生産年でも香りに違いが生まれますから、なんだかワインと似ていますね。

▽Tea Tree Farms タスマニアンラベンダー
http://www.teatree.jp/TTF/tt_tas_product.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

【体験談】抗菌ホホバオイルを使ったフケ対策

2010jojobaantib今回はホホバオイルを使ったフケ対策の体験談をご紹介させていただきます。

効果を体験したのはTea Tree Farmsスタッフの家族でした。この男性のケースではおでこから眉、髪の生え際と側頭部を中心に乾燥した頭皮がフレーク状に付着し、髪に触れる度にフケとなってボロボロと落下してくる状況でした。市販のふけ対策用のシャンプーやコンディショナーを使用してもほとんど改善せず、すぐに元の状態に戻ってしまいました。

フケの原因は皮脂の分泌量が何らかの原因で増えたときに現れやすいとされますが、同時にこの皮脂を分解する細菌(カビの一種)による皮膚炎が原因と考えられています。今回のように頭皮だけでなく顔の周囲にも症状が出ている状況で、細菌性の皮膚炎の可能性があると考えられました。

そこでこの男性が使用したのがホホバオイルです。ホホバオイルは皮脂を溶解してくれる効果がありますので、頭皮の付着した皮脂を除去するのに効果的です。更に今回は皮膚炎が疑われたのでプレーンオイルではなく、原因菌対策のために抗菌効果が期待できる「抗菌タイプ」のホホバオイルを使用することを薦めました。
使用方法ですが、入浴前にふけのよく現れる部位を中心に小さじ2杯〜3杯分ほどの抗菌タイプのホホバオイルを頭皮にすり込むように塗布しました。約10分後、日頃使用しているシャンプーで洗い流します。この際、シャンプーの量を少し多めにし、二度洗いしてしっかり洗い流しました。その上でいつも通りコンディショナーを使用して洗髪を終えました。

結果ですが、繰り返し使用している中で、ふけの量が大幅に減少しました。特に今までであれば入浴直後であっても髪が乾燥するとすぐにふけが出たのですが、ホホバオイルを使用するようになってからはこれがなくなりました。ふけの量が徐々に減っているということで、抗菌成分の作用による効果が出ているようにも思われ、症状が大幅に改善されました。

▽ヒーリングスタイル ゴールデン・ホホバオイル(抗菌タイプ)
http://www.healingstyle.com/pro_jojoba.htm


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

【体験談】ティーツリーオイルでフケ対策

Teatree2008spring今日はフケでお悩みだったお客様がティーツリーオイルをご活用いただく事で症状を改善されたというお便りをご紹介させていただきたいと思います。(今回のお便りの転載にあたりましては事前にお客様にご承諾を頂きました)

ーーー

ティーツリーオイルの購入の目的は、飼い犬を外で散歩させた後、十分に足をきれいに出来ないまま家の中に入れるので、殺菌目的で床を拭くのに利用しようと思ったことでした。家族が独特の匂いを好まなかったので、そう しょっちゅうは出番がありませんでしたが、これはちょっと報告して、是非多くの人に利用してもらいたいと思いコメントします。

ティーツリーのリンス効果による フケへの効果があまりに顕著だったことです。初めてリンスとしてお湯にポトっと落として使った時から 全くでなくなりました!

もともとパーマや毛染めなどが嫌いなので、自分では健康的な毛髪と地肌だと信じていたのですが、 昔からシャンプーしたばかりでも 乾かすと同時にフケが浮き出てくるのが悩みでした。
乾燥のせいかと思い、オリーブオイルや椿油でリンスしても効果はありませんでしたので、何十年という間、あまり気にしないでおこうと思いつつ、また、時にはフケ対策のシャンプーの効果のなさにがっかりしつつ 清潔にはしているんだから気にしないでおこう、でもなんで? という毎日でした。

私は特に敏感肌というわけでもないですが鼻の下や口の周りは粉が噴いたように乾きやすく鼻の周りは油が浮きやすいという混合肌です。シャンプーするときは地肌をマッサージするつもりで丁寧にしてきました。
なのに ずっと夜からの会合などのお出かけのために仕事から帰ってから わざわざシャンプーを
しているのに鏡を前にドライヤーを当てる自分の髪にもうフケを見る時の哀しさといったら・・・・

それが、フケって乾燥ではなくてカビ?と 耳にしたことと、排水溝に落として使おうと風呂場に持ち込んでいたティーツリーオイルの小瓶をふとしたきっかけで自分の地肌をすっきりさせるのに使ってみようと思ったことで、こんなに嬉しいことになりました。 

まあ、シャンプー後、櫛を通しながらびっくりしたのなんのって。
いつもなら フケが浮いてくるのが嫌でしっかり櫛を通さずに ささっとごまかしていたのが、
「うわー 気持ちいい!」になったんですもの。

このめぐり合いには本当に感謝しています。
シャンプーの後、洗面器に少しのお湯を溜め、ティーツリーをポトッと落としてリンスにしています。

髪の毛全体に匂いが残ると嫌なので地肌を残して髪の毛だけにもう一度お湯をかけて流したりもしましたが、乾いてしまえば匂い残りは全然なくてもう本当に効果だけが残ります。

こんなに地味に、でも結構長い間気にしていたことから開放された喜びが 共有できれば本当に嬉しいです。

取り急ぎで購入して以来のHP訪問です。今改めてこちらのサイトに伺ってみると
頭じらみへの対策だとか、水虫への対策だとかタイトルが見えているので、もう こんなことは利用者様の常識だったのかもしれませんが、とても感謝していることを表したくてコメントさせていただきます。ありがとうございました。

ーーー

今回、ティーツリーオイルがお役に立てたということで大変嬉しいお便りでした。ティーツリーオイルはその強い抗菌成分により細菌性のスキントラブルの解決に役立つケースが多くあります。これからも上手にご活用いただければと願っています。


【ご注意】
ティーツリーオイルの成分が体質に合わない場合、肌が赤くなったり湿疹が出る可能性があります。ご使用にあたりましては事前にパッチテストをするなど十分にご注意いただき、自己責任にてご使用いただきますようお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

これが本当の「ティーツリーの森」

Teatree_mori1
観光などでオーストラリアを訪れ、自然散策などをしますとガイドさんが「この森はティーツリーの森です」などと解説してくれることがしばしばあります。
これを聞いて「ああ、これがティーツリーオイルで有名な、あのティーツリーの木の森なんだ」と思ってしまいますが、実際にはティーツリーが属するメラルーカ種と呼ばれる種類の様々な木々が茂っていて、これらを一括りにしてティーツリーと呼んでいるケースがほとんどです。メラルーカ種にはティーツリーのほかにニアウリの木なども含まれ、薄い樹皮が何層にも重なって幹を覆っているのが特徴です。

で、この画像。これこそがティーツリーオイルが抽出される、あのティーツリーの木だけが鬱蒼と茂っている本当の『ティーツリーの森』の様子です。
が、森といっても少し様子がおかしいことに気がつきませんか?
Teatree_mori2

そう、木々が直線で等間隔で並んでいるんです。森の端も直線になっていますね。実はこれ、耕作放棄されたティーツリーの畑の様子なのです。
ティーツリーは木ですから、そのまま放っておくと8メートルほどにまで生長します。人の背丈ほどの高さまで育った木を根元で刈り取りオイルを抽出するのですが、ティーツリー畑を止めるならこの時点でトラクターで掘り起こし、次の作物を植えることになります。が、この畑の場合、これをせずにそのままにしておいたのでしょう。こうなるともう手がつけられませんね。

約10年ほど前にティーツリーは過剰生産となり、オイルの価格が暴落。そしてこの時点でたくさんの農園が他の農産物に転作することになりました。樹齢から見ますとちょうどその頃に耕作放棄されたようです。この時の価格暴落は農家にとっては痛手でしたが、一方で品質の高いオイルを生産していた農家には引き合いが途絶えることはなく、結果として市場が「品質」を選別し、低品質なオイルやコスト管理の未熟な生産者を退場させる事になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »