« 今日は「ミカン狩り」をしました | トップページ | お茶の木を買ってきました »

2010年5月24日 (月)

NZラベンダーの農園の様子を紹介

低アレルギーケモタイプのラベンダーオイルとして注目を集めていますニュージーランドのラベンダー農園より写真が届きましたのでご紹介したいと思います。

16_nz_lavender_1_1_1_3_1

花が咲いている時期の農園の様子。背景の山がキレイですね。
ただエッセンシャルオイルのプロとして注目したいのはラベンダーの花の周囲の様子です。雑草が生えていないキレイな環境になっていますね。ラベンダーの花以上に背の高い雑草が周囲に生えた場合、そのままハーベストしますとラベンダーオイルに周囲の「雑草オイル」が混ざってしまうことになります。当たり前のことではありますが、実際に品質管理の低い農園の場合では結構ある話で、注意したい点になります。
ちなみにこの農園ではオイルへの影響を避けるために夏場の除草は全て手作業です。殺虫剤の使用はありませんので、農園にはミツバチの巣箱も置かれています。

22a_p1110005_1_1

ハーベストの様子。機械で花の穂先を器用に刈り取ってゆきます。


23_distilling_ii_1_1_1

蒸留器の様子。画像の左側が蒸気でラベンダーを蒸し上げる「蒸し器」です。オイルを含んだ蒸気は中央部の金属製の筒の中で冷却することにより液体に戻され、右側のタンクの中に集められます。
タンクの中ではオイルは水よりも軽いため、水に浮きますから容易に分離する事ができます。
その後、フィルターで不純物を取り除き、エッセンシャルオイルの完成です。ただしニュージーランドラベンダーオイルの場合、この後1年間じっくりと熟成させた後にようやく出荷されることになります。

▽Tea Tree Farms ニュージーランドラベンダー(低アレルギー・ケモタイプ)
http://www.teatree.jp/TTF/NZLavender_product.htm

|

« 今日は「ミカン狩り」をしました | トップページ | お茶の木を買ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134310/48445114

この記事へのトラックバック一覧です: NZラベンダーの農園の様子を紹介:

« 今日は「ミカン狩り」をしました | トップページ | お茶の木を買ってきました »