« ティーツリーの香りを劣化させない保管術 | トップページ | マカデミアナッツの空き殻の使い道 »

2009年3月27日 (金)

ホホバオイルの選択

Jojobaホホバオイルといいますと透明で香りのあまりないタイプのものが従来は一般的でしたが、最近はゴールデンカラーのオイルの人気が高まってきました。
この色の違いですが、ゴールデンカラーのホホバは精製や漂白を行っていないため。色だけでなくオイルに含まれる成分も天然のままですからスキンケア効果も優れています。化粧品として売られているホホバオイルがゴールデンカラーの理由はここにあります。

ゴールデンカラーのオイルは透明な物と比較して値段も高いのですが、「精製や漂白といった工程が省かれているのなら、むしろ製造コストは安くなるのでは?」とお考えの方もおられることでしょう。その理由は素材となるオイルの品質。ゴールデンホホバは精製・漂白しなくてもそのままで高い品質を保っている高品質のホホバオイル。そのため価格も相応になります。一方で透明なタイプはそもそも加工が必要な、安価なグレードのオイルなのです。もちろん、これらのオイルは使用目的に応じて使い分けてゆけばよいのですから、精製オイルが悪いというお話ではありません。

Tea Tree Farmsのホホバオイルはオーストラリア産のゴールデンホホバを採用しています。マッサージオイルとしても最適なこのオイルは他社さんよりは化粧品として販売されていたりしますね。(Tea Tree Farmsの商品も、他社さんのようにもう少しお洒落な容器に入れたなら今の倍以上の値段で売れるのかも?)

肌に使うからこそ気になるオイルの安全性ですが、公式なオーガニック認証は受けていませんが、栽培にあたっては殺虫剤や化学肥料の使用はありません。ただ、農園周辺の雑草駆除のため除草剤を使用しています。もちろんホホバにはかからないように(かかるとホホバが枯れてしまいますから)散布されていますから、ホホバオイルの品質には全く影響を与える心配はありません。

Tea Tree Farmsなら100mlのボトルが1,800円、500mlで7,200円という価格ですから、気軽にゴールデンホホバオイルをお使いいただけますね。

▽Tea Tree Farms ホホバオイル
http://www.teatree.jp/TTF/c_product_jojoba.htm

|

« ティーツリーの香りを劣化させない保管術 | トップページ | マカデミアナッツの空き殻の使い道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134310/44479967

この記事へのトラックバック一覧です: ホホバオイルの選択:

« ティーツリーの香りを劣化させない保管術 | トップページ | マカデミアナッツの空き殻の使い道 »