« レモンマートルの香りを楽しむ | トップページ | ラベンダーティーツリーの香り »

2008年8月20日 (水)

喘息にも・・・ティーツリー・エクストラクト

先日から出荷を開始したティーツリーオイル・エクストラクト。今日、先週アメリカからの出張から戻ったこの商品の開発者(薬剤師)とのミーティングをしてきました。

この商品、現在のところアメリカではディフューザー(空気への拡散器)を使っての空気への拡散が中心になります。アメリカでもエクストラクト単体の使用では香りの面でのインパクトが薄いため、他のオイルとのブレンドが中心とのこと。エクストラクトは香りがマイルドですから、たとえばエクストラクト3に対して香りをマスクするために香りの強いペパーミントやラベンダーオイルなどを1の割合でブレンドした場合であっても、ペパーミントやラベンダーの香りが十分に生かされ、普通のティーツリーオイルと比較して、さらに倍以上の殺菌成分を維持したまま「殺菌」兼「芳香」とオイルとして使用することができるのが特長と言えます。最近では訪問者・お客様に対して自社の店舗やオフィスの香りを特徴付けるために嗅覚の演出するケースも増えてきましたから、「自社の香り」を演出しながら実益のある「除菌・殺菌」ができるのは魅力ではないでしょうか。

たとえばホテルやホールなどの人が集まる大型施設のほか、美容院やカフェ、小売店、オフィスなど多くの人が出入りする施設や店舗での「香りの演出」がそのまま空気の「殺菌」効果になりますので、特に風邪の流行する時期などには大きなメリットが期待できるかと思います。

そしてもう一つの驚く「効果」が喘息に対するものでした。これについては現在、具体的な作用のプロセスなどについて開発者が化学的な分野での解析を行っている段階ですので過度に期待をしないでいただきたいのですが、実際にこの商品の使用者より多くのフィードバックを集めました。

喘息ではアメリカやオーストラリアでもスプレー式の吸入剤を使用する事が多くあります。この吸入剤ですが簡単に言いますと吸入時に気管支を拡張することにより効果を発揮するのですが、どうやらこのティーツリーオイル・エクストラクトの主成分には吸入剤ほど強くありませんが同様に穏やかに気管支を拡張する効果があるようです。
この開発者がこのことに気がついたのはアメリカに住む親族の反応でした。彼の親族には数人、喘息を持った子供がいたのですが屋内にディフューザーを使用してエクストラクトを拡散した結果、このスプレーを使用しなければならなくなるケースが明らかに大きく減少したというのです。そしてアメリカ国内各地よりこの親族以外にも同様のフィードバックが複数届きました。

喘息に対しては現在の段階では各種データの整理も終わっておらず、効果を証明する化学的な裏付けがまとまっていませんが、現在の時点で集まったデータより期待できる結果がまとまりそうだということでした。

【重要】
なお、今回の記事についてはアメリカ合衆国における利用者の経験的な情報を多く含み、効果・結果を保証するものではありません。あくまでも参考データとしてご理解いただき、自己責任の下でご利用ください。

|

« レモンマートルの香りを楽しむ | トップページ | ラベンダーティーツリーの香り »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喘息にも・・・ティーツリー・エクストラクト:

« レモンマートルの香りを楽しむ | トップページ | ラベンダーティーツリーの香り »