« レモンの香りを長持ちさせる | トップページ | ティーツリー水溶液 欠品中です »

2008年2月17日 (日)

オーストラリアのワイン

080217_wine
今日はエッセンシャルオイルを離れて、ちょっとワインのお話をご紹介。

写真のボトルですがワインボトルなのですけれど何か普通のボトルと違いますよね。そう、コルクではなく金属製のキャップがついているのです。
ワインと言えばコルク、という不文律のようなものがありましたが、オーストラリアではここ数年で多くのワインがキャップ式のものになりました。
その理由ですがあるワイナリーで尋ねたところ、コルクが何らかの原因になって出荷できないワインが生産量の実に1割強もあるのだそうです。キャップに変更するとこの1割のロスがほとんどゼロになりますので、ワイナリーとしてはとてもいい話なのですが、「ワイン=コルク瓶」と言う市場の固定観念からなかなか採用できなかったと言うこと。現在では多くのワイナリーが採用するようになり、高級品を除くほとんどがこのキャップ式になっているようです。

見た目には小さな変化ですが、従来の固定観念に風穴をあけたと言う意味でとても大きな変化だと思いませんか?

|

« レモンの香りを長持ちさせる | トップページ | ティーツリー水溶液 欠品中です »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアのワイン:

« レモンの香りを長持ちさせる | トップページ | ティーツリー水溶液 欠品中です »