« パッションフルーツの花も咲いています | トップページ | アタマジラミ駆除記 その2 »

2008年1月 6日 (日)

アタマジラミ駆除記 その1

「灯台下暗し」というのはまさにこの事で、実は今日、私の娘の髪にアタマジラミを発見! タイミングから考えますと、どうやら年末に親類の家を訪れた際に感染してきたようです。少し前までは「アタマジラミ駆除用エッセンシャルオイルブレンド」をアルコールと水で希釈したものをスプレーしていたので、周囲でアタマジラミが流行していても全く感染しなかったのですが、最近は周囲に感染がなくなったため油断して使用していませんでした。

という事で、このブログを通じて駆除体験記を書いてみたいと思います。


娘が「頭が痒い」と言って起きたのが午前4時。見てみるとタマゴ数個を発見。夜中という事で取り急ぎティーツリーオイルをマカデミアオイルで希釈したものを痒いという部分に塗布して一旦寝かせました。ティーツリーにはかゆみを抑える効果があります。

そして朝、いよいよ駆除の開始です。まず、櫛通りを良くするため「アタマジラミ対策ヘアトリートメントオイル」を少量、髪全体になじませます。そしてステンレスの専用櫛を使って髪を梳くと、すぐに成虫8匹とタマゴ40個ほどを取り除く事ができました。指先の爪で取り除いた分もあるのですが、このとき櫛や指先についた成虫やタマゴは落とさないようにヘアトリートメントオイルを小さじ一杯ほど入れた小皿状の容器に入れました。竹串や爪楊枝などを利用すると簡単に移せます。さすがに成虫もトリートメントオイルの中に落とされると数分で動かなくなってしまいます。

しかし、また成虫が残っている可能性が十分にありますから、今度はヘアトリートメントオイルをしっかりと髪全体になじませます。初回はちょっと多めに塗布した方が良いようです。
そして30分以上そのまま置いて洗い流すのですが、今回は家族全員がヘアトリートメントオイルを使用して駆除をした事と、部屋でテレビを見ながら過ごしたため、結果的に1時間ほど放置する事になりました。
そしてシャワーで洗髪。シャンプーはアタマジラミ対策用ではなく、毎日使用している普通のシャンプーをそのまま使用しました。

そして夕方になってからもう一度髪をチェック。さらに午前中取り逃したと思われるタマゴ30個ほどを発見し、指先で取り除きました。トリートメントオイルが効いたようで成虫はゼロ。とりあえずひと安心です。ホホバとマカデミアナッツオイルの作用でいつもは櫛通りの悪い娘の髪はサラサラになったため、午前中より随分とタマゴ探し&駆除は容易になりました。

昼間にリンスインシャンプーを購入し、これに「アタマジラミ駆除用エッセンシャルオイルブレンド」を加えて準備をしていますので、今夜は寝る前にもう一度、このアタマジラミ駆除用シャンプーを使用する予定です。

>>>アタマジラミ駆除記 その2へ

|

« パッションフルーツの花も咲いています | トップページ | アタマジラミ駆除記 その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アタマジラミ駆除記 その1:

« パッションフルーツの花も咲いています | トップページ | アタマジラミ駆除記 その2 »