« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

寄付金についてのご報告

Tea Tree Farmsでは売上金の一部を社会貢献への取り組みとして寄付させていただいていることはホームページでもご紹介させていただいていますが、今日はその内容について具体的にご紹介をさせていただきたいと思います。

Tea Tree Farmsではオーストラリアにある、体に障害をお持ちの方の自立支援施設2箇所に寄付をさせていただいています。そのうちの一つ、ハウス・ウィズ・ノーステップスという名前の施設で新たにカフェの増改築と公園設備の整備が行われることになりました。計画自体が資金不足からすでに1年ほど遅れているのですが、今回無事に着工される事になりました。
今回の工事で子供たちが水遊びを楽しめる公園設備のほか、カフェの増築などにより12人の方が新たに仕事を得られることになります。

この施設へのTea Tree Farmsよりの寄付金額は日本円換算で約25万円ほどになります。全体の計画予算額からすると小さな貢献ではありますが、Tea Tree Farmsの商品をお求めいただいた多くのお客様、一人ひとりの心に支えられた、真心の数では最大クラスの寄付・貢献になっているのではないかと思います。

まもなく工事が開始される予定で、既に皆さんの研修も始まりました。カフェでは注文の聞き方、接客マナーなど、まだまだ研修は大変ですが、活き活きとした笑顔に出会えます。
工事が完成しましたら、今度は画像を交えてご紹介をさせていただきたいと思います。

まずは今回の着工にあたり、当ファーム商品をご選択いただき、寄付を支えてくださいましたお客様に御礼とご報告を申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月24日 (土)

誠実なホホバオイル農園

ホホバオイルの場合、肌への使用が多いので、気になるのは農薬の使用についてではないでしょうか。オイルの中に残留農薬が・・・というのは最悪なケースです。

ただ、ホホバオイルは果皮を取り除いた種子より抽出されますから、基本的には葉や花などから抽出される精油とは異なります。この時点で仮に農薬の散布があり、葉や果実に付着していてもオイルに混ざる可能性はほぼゼロという事になります。

で、実際のところですが当ファームが仕入れている農園のホホバオイルではホホバへの直接の農薬の散布はありません。毒性の面でいちばん気をつけたい殺虫剤の使用も一切ありません!

ただし、ホホバのプランテーションの周囲で除草剤の散布があります。しかし除草剤がホホバの木に触れますと、ホホバが枯れてしまいますから、ホホバに触れないようにある程度の距離を保ちながら慎重に散布されています。(実際のところ、この除草剤の散布については「直接の農薬散布ではない」という解釈でその使用を黙っているところもあるようですが・・・)

農園は、事実関係を解釈でごまかすのではなく、本当に安全なものを生産したいという事で、この除草剤散布について、オイルの化学的な解析を行いオイルへの影響が全くない事をチェックした上で、安心してご利用いただける事を確認しています。

本当に安心して利用できるオイルは、このような誠実な農園の努力と工夫によって生産されています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月16日 (金)

レモン、オレンジ、グレープフルーツ・・・

以前から多くのお客様にお問合わせをいただいていましたレモンやオレンジなどの柑橘系のオイル。オーストラリアはこれらのフルーツの一大生産地ですから、もちろんこのようなオイルの生産もあります。ところが、なかなか安定した品質と量のオイルを生産できる生産者がないんですね。

が、ちょっとした縁で先日かなり期待できる生産者をようやく発見! とりあえずレモン、オレンジ、グレープフルーツ、マンダリン(ミカン)オイルを入手し、香りと化学的な成分解析を行う予定になっています。個人的には大好きな香りですので、是非取り扱えるようになれば・・・と思っているのですが。

また、追ってこのブログで進捗をご紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

プロの皆さんに大好評 ペパーミントオイル

Tea Tree Farmsの隠れたベストセラーが実はペパーミントオイル。一般にはアメリカ産が多く流通している中で、Tea Tree Farmsではもちろん、オーストラリア産のペパーミントをお届けしています。

ペパーミント独特の爽快な刺激のある香りはもちろん健在なのですが、その後ろに香る、甘い香りが特徴のオーストラリアンペパーミントオイルは最近、プロのアロマセラピストの皆さんより多くご注文をいただくようになりました。
アロマの教室を運営されておられる方からは、生徒さんに大好評との事。とても嬉しいお便りをいただきました。

ペパーミントと言いますと、どこにでもある慣れた香りの印象ですが、やはり産地によって香りには大きな開きがあるんですね。

定番のティーツリーに加えて、次回は是非ペパーミントオイルをお試しになりませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »