« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

ホホバオイルのお買得キャンペーン始めました

本日よりホホバオイルを4本買うと5本目をプレゼントさせていただくキャンペーンを開始させていただきました。

100mlのホホバオイルが5本も・・・と思う方もおられるかもしれませんが、実はホホバオイルは非常に酸化ししにくいため、長期保存に適したオイルなので、まとめ買いに適したオイルになります。加えて手作りコスメなどに多用できるほか、ティーツリーオイルを希釈して日常用途で用いるためのキャリアオイルとしても最適ですから、5本あってもすぐに無くなってしまうかもしれませんね。

Tea Tree Farmsのホホバオイルはオーストラリア産のゴールデンオイルですから品質面でも魅力を感じていただけること思います。

今回のキャンペーンは1月15日までですから、どうぞこの機会をお見逃しなく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

冬場のアタマジラミ駆除ブレンドの使い方

Tea Tree Farms・ヒーリングスタイルのアタマジラミ駆除ブレンドは通常、シャンプーやコンディショナーに混ぜて使用していただく事を前提にした商品です。しかし、シャンプー中に15分ほどそのままにしておく必要があり、この待ち時間が特に寒い冬場には苦痛になるというお客様の声がありました。

そこで今回、このお風呂場での待ち時間を短縮する方法をご紹介させていただきます。
使用するのはエッセンシャルオイルブレンドとキャルアオイル(ホホバオイル、またはマカデミアナッツオイル、オリーブオイルなどがお勧めです)のをブレンドして使用する方法。

まず、シャンプーに加えるのと同じ割合でキャリアオイルを利用してエッセンシャルオイルブレンドを希釈します。
そして入浴前にこれを利用して髪全体に馴染ませて下さい。長髪の場合は予め少し髪を湿らせておいたほうが使い易いと思います。
髪全体に広げたあと、アタマジラミの成虫があちこちに落下しないよう、シャワーキャップやタオルで髪全体を覆い、そのまま15分放置します。そして15分後、普通に入浴してシャンプーで洗い流してください。このとき駆除ブレンドを加えたシャンプーでもう一度洗髪するのもお勧めです(この場合は再び15分放置する必要はありません)。

この方法でご使用いただく場合に気をつけていただきたいのはキャリアオイルの種類と駆除ブレンドの濃度。
希釈に使用するキャリアオイルといえば植物油ですから、極端な話をすれば天ぷら油やサラダ油でも希釈できます。しかしこうしたオイルはベトつきが多く、髪に利用するには不快感が強いことでしょう。また髪や地肌に対しての影響も考慮すべきです。ホホバやマカデミアナッツ、もしくは良質なオリーブオイルであれば髪に対するヘアケア効果もありますので、こうした種類のオイルの利用がお勧めです。
また、エッセンシャルオイルブレンドの濃度ですが、「濃い方がよく効く」ように思えますが濃度を高めるほど髪や地肌に対してトラブルを招く可能性も高くなります(地肌を乾燥させてフケが増える場合がある)ので、バランスが大切です。指定された濃度で十分な効果がありますので、用量を守って利用いただくことを強くお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

ティーツリーを使ったダニ対策

最近、ダニ対策のためにティーツリーをご利用のお客様が増えてきました。ダニ対策にはティーツリーやユーカリオイルを活用するのがオーストラリアでも人気です。

しかし、オーストラリアではカーペットを専用の掃除機で洗浄する利用方法が中心で、日本とは少し事情が異なります。そこでTea Tree Farmsでは手軽に、そしてカーペットだけでなくタタミなど多用する日本の床事情に合わせた商品「ヒーリングスタイルダニ駆除スプレー」を開発しました。

日本の場合、加えてオーストラリアと異なり床面でそのまま座ったりくつろいだりするライフスタイルが一般的ですから、ダニ駆除した後の床面に多量の殺虫剤成分が残留するのは好ましくありません。(特に小さなお子様のいるご家庭では、玩具などに付着した毒性物質が気になるかと思います)
これに対してティーツリーオイルやユーカリオイルを利用するとこれらの成分はもともと人体にほとんど毒性が無いほか、数分で蒸発・気化してしますから、寝具や枕にさえも利用できるのが魅力です。

カーペットやタタミ面以外の、フローリングの床などにはヒーリングスタイル「ティーツリーオイル15%水溶液」の利用がお勧め。これを水で10倍に希釈してスプレーしてから拭き取ります。1本で1リットルのスプレーが作れますから経済的ですね。(ただしティーツリーの成分はニスなどを溶解してしまったり、シミになったりすることがありますので、事前に目立たない場所でお試しいただく事を強くお勧めします。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

アタマジラミ対策のポイント

ようやくアタマジラミの問題が社会的に認知されるようになり、新聞誌上でもこの問題が取り上げられるようになりました。決して「不潔」がもたらすものではなく、清潔な髪にこそ発生する問題であること、そして特別な問題ではなく誰にでも起こりうる問題であることがようやく認知され始めたようです。
 
アタマジラミはオーストラリアでは珍しいものではなく、薬店にはアタマジラミ駆除商品だけを並べた専用の棚があるほど。ただ先日、この棚を久しぶりに見ると並んでいる駆除剤の中にティーツリーなど天然成分を主原料にする物が以前に比べて随分と増えていてました。
確かに化学薬品系の殺虫剤は大変良く効きます。しかし卵を死滅させられないのは天然成分系の商品と同じで、成虫を駆除してしまった後に羽化直後のアタマジラミを駆除することだけを目的にこのような強力な薬剤を繰り返し使用し続けることにはメリットよりもリスクの方が多いように思われることもあり、体に優しい天然成分系の駆除剤が広く浸透してきたようです。

Tea Tree Farmsの商品の場合、ヒーリングスタイルのアタマジラミ駆除エッセンシャルオイルブレンドをシャンプーやコンディショナーに混ぜてお使いいただく事をお勧めしていますが、お風呂やシャワーに入る機会の減る冬場にはシャンプーに混ぜていただくのと同じ割合でホホバオイルなどのキャリアオイルで希釈して髪全体に馴染ませる使い方もあります。この際にはベトツキの少ないキャリアオイルを選択するのがコツ。
 
アタマジラミに感染してしまったら、まずはできるだけ早く成虫を駆除し、同時に専用の櫛などを利用して卵を取り除くのがアタマジラミ対策のポイントです。そして周囲に感染があった場合には早めに予防を兼ねてアタマジラミ駆除エッセンシャルオイルブレンドを活用いただく事をお勧めします。

<12月14日配信の当ファーム配信メールマガジンの記事より転載>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

タスマニアンラベンダー ソープの香り

先日の製造ロットより、2006年産のタスマニアンラベンダーオイルを配合した石鹸の販売を開始させていただきました。今回のロットはティーツリープレーンソープと同時に製造を進めたのですが、その香りはティーツリーの香りを圧倒するパワフルな香りに仕上がりました。

「ラベンダーの香りの石鹸」と言いますと、なんだかどこにでも売っている石鹸のような印象ですが、実は市販の「ラベンダー石鹸」に本物のラベンダーオイルが含まれていることはほとんど無い事をご存知でしょうか?
超安価なものの場合は化学合成した香り、もうすこし高級なものでもラベンダーの類似種でラベンダーよりもっと安価な「ラバンジン」のオイルが利用されているのがほとんどです。それだけ本物のラベンダー、真性ラベンダーのオイルは高価であり、なかなか石鹸には使用されないのが実態です。その上、世界のラベンダーオイルの中でも、さらに高級なタスマニアンラベンダーとなると・・・・その価値はこの商品を手にとっていただいたお客様だけにご理解いただけると思います。

この冬はちょっと贅沢に、本物のラベンダーの香りでリラックスバスライフを楽しんでみませんか? Tea Tree Farmsのこの冬のお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

キッチンの殺菌と芳香を同時に!

今年の夏ごろに一度話題にさせていただいたキッチンアロマ。覚えていらっしゃる読者の方もおられるかと思います。
日本が冬になり、キッチンでのお皿洗いにお湯を使うご家庭も増えてきた頃でしょうから、もう一度ごのブログでご紹介をさせていただきます。

使い高は簡単。お皿を洗いながらアロマを楽しんでしまおうというものです。普通に食器を洗うスポンジに洗剤と、そしてお気に入りの精油を1~2摘ドロップしてお皿を洗いましょう。特にお湯を使っているご家庭では蒸気に混じって精油の香りが楽しめます。このときお勧めの洗剤は絶対的に香りの少ないもの。化学合成で作られたニセモノの香りでなく、本物の香りを十分に楽しむにはニセモノの香りはただ邪魔です!
お気に入りの香りにティーツリーをドロップすれば殺菌効果も。まな板など雑菌のつきやすい環境には特に効果が期待できます。加えてスキンケア効果もありますから、肌荒れの多い方にはメリットがあるかも。
風邪気味の時にはユーカリオイルとティーツリーを一滴ずつ。ユーカリを含む水蒸気は喉や鼻をすっきりしてくれますし、空気中の殺菌効果も同時に期待できます
リラックスしたい時にはラベンダーやロザリーナがお勧め。すっきり効果ならミント系やレモン系の香りでしょう。

まな板や三角コーナーの殺菌には水溶液を水で10倍に希釈したスプレーが利用できます。ティーツリーを多めに含んだ洗剤つきのスポンジで洗浄するもの良いでしょう(ただし、素材によってはティーツリーオイルの成分で腐食する場合があります!)

食中毒や風邪などの話題の多い季節。精油を使って台所仕事を楽しみながら、キッチンはしっかり除菌・殺菌して下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

山火事 猛暑のはずが・・・

オーストラリアではニューサウスウェールズ州のシドニーより南西部、メルボルンのあるビクトリア州全域とカンガルーアイランド、アデレードのある南オーストラリア州までの一体で山火事が発生し大きなニュースになっています。

Fire_1 画像はwww.skynews.com.auより

今回の山火事はシドニーの空を煙で覆い尽くした2002年の大規模な山火事の並ぶ規模と言われ、隣国ニュージーランドよりも消防の応援が来るほどの事態に。2002年の火災では当ファーム近郊の主要道路も閉鎖され、商品に遅れが生じて日本のお客様にもご迷惑をお掛けしました。

ところが、当ファームのあるニューサウスウェールズ州北東部やゴールドコーストのあるクィーンスランド州南部では雨が多く、涼しい毎日。日中の気温も30度前後です。現時点ではありがたい話ですが、本格的な山火事のシーズンはクリスマス頃から1月末頃まで。まだまだ油断はできません。

ただ、オーストラリアの山火事は自然のサイクルに中にあるもで、例えばある種のユーカリの木は山火事で焼けなければ発芽しない、といったものもあります(ユーカリの葉に多量の精油が含まれていることは偶然ではないようです。)。ただ自然のサイクルとはいえ、人間の生活には様々なダメージを与えますので、深刻な問題です。

現在、火災の渦中にある地域はユーカリラディアータオイルの産地も含まれており、当ファームにとってもこれから影響が出てきそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

ロザリーナが人気です

最近、たくさんご注文をいただくのがロザリーナオイル。
別名「ラベンダーティーツリー」といいますので、ラベンダーとティーツリーのブレンドオイルじゃないかと誤解を受けることがあるのですが、メラルーカ・エリシフォリアという、ティーツリーと同じメラルーカ種の木から抽出されるオイルです。
オイルの成分にラベンダーオイルに多く含まれ、リラックス効果をもたらすとされるリナロールが豊富に含まれることからこの名前がつけられました。

実はこのオイル単体ではあまり華やかな印象の香りではないのですが、名脇役とでもいいますか、ブレンドをすることにより香りが他の香りを引き立てながら、自身の香りも引き立てるのが特徴です。ですから香水を作る場合には多用できるオイルです。

自己主張の強い香りは単体ではとても印象的ですが、飽きられ易いのも事実。対してロザリーナオイルの香りはこれらを引き立てながら、自身も重厚な存在感を示す、そんな珍しい香りのオイルです。

皆さんはこのロザリーナオイル、どのようにお使いですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »