2016年11月 6日 (日)

ティーツリーオイルが日本でまだ知られていなかった頃

Img_3861ティーツリーファームズが創業した1999年、ティーツリーオイルと言うと「お茶の木のオイル?」と思われてしまうのが当たり前でした。

実はこの頃、オーストラリアの最大手メーカーも日本市場にティーツリーオイルの輸出を試みたのですが、あえなく失敗。地元では結構有名な話で、私自身も同社の担当者から「日本市場は特殊だから無理だよ、ウチでさえダメだったんだから止めておきな」というアドバイスを受けました・・・。

一部のアロマセラピストさんなどを除いて、一般にそれほどに知名度のなかったティーツリーオイルですが、今ではショッピングモールのバラエティーショップなどでも(水溶化されたものでピュアオイルではない場合が多いのですが)しばしば見かけるようになりました。
当社はティーツリーオイルを一番最初に日本に持ち込んだ会社ではありませんが、日本のお客さまの多くがティーツリーをまだ知らない、そんな当時の日本に生産地オーストラリアからティーツリーオイルを紹介させていただき、初期のティーツリー市場を作り上げてきたメーカーの1つでしたので、今、多くの皆様にティーツリーオイルのことを知っていただけるようになったことを大変嬉しく思っています。

ティーツリーオイルの知名度が上がるとともに、アメリカやヨーロッパのエッセンシャルオイルブランドさんのティーツリーオイルも流通するようになってきました。これらのほとんどはオーストラリア産で、当社所在地のすぐ近くで生産された高い品質のオイルです。
加えて、最近ではアフリカや中国でもティーツリーオイルが生産されるようになってきたようで、オーストラリア企業として当社もその動向が気になるところです。

ティーツリーファームズでは以前からも、そしてこれからもオーストラリア産のティーツリーオイルをもっともっと日本のお客様に知っていただき、活用していただき、そしてご満足していただけるよう、努力してゆきます。

ティーツリーの中でも高品質で鮮度の高いフレッシュなティーツリーオイルはとても爽やかな香りが楽しめます。直販メーカーだからできる鮮度と品質をティーツリーファームズでお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

ティーツリーとお茶の木 見た目はこんなに違います!

Img_4317しばしば、その名前から「お茶の木」と間違えられるティーツリー。
そこで今回はこれら2つの新芽を並べてみました。

向かって右の細い葉っぱがティーツリーの木。エッセンシャルオイルが作られる方の木ですね。そして左側がお茶の木です。
植物学上の分類も全く異なる木々ですから、見た目も全然違います。

似ているのはその名前だけ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

ティーツリーオイルの抗菌成分とその活用例

Bunshi1ティーツリーオイルには高い抗菌効果があることが知られていますが、その源泉となっているのが「テルピネン4オール」と呼ばれる成分です。ティーツリーオイルの国際的な規格を定めたISO4730ではオイルに占めるテルピネン4オールの割合は30~48%の間でなければいけないと定められています。

元々、ティーツリーには様々なケモタイプ(樹木の特性)があります。その中から人間にとって有用な抗菌成分「テルピネン4オール」を多く含むケモタイプの樹木が選別され、栽培されるようになりました。そしてこのケモタイプの樹木を基準にISOの規格が制定されたのです。
その結果、現在ではオーストラリアで栽培されているティーツリーの木から抽出されるティーツリーオイルはISOの規格を全く問題なく満たせるようになっています。

また、近年にはティーツリーオイルを特殊な条件下で二次蒸留することにより抗菌成分をより高めた「ティーツリーオイル・エクストラクト」も開発されました。

テルピネン4オールに由来するティーツリーの高い抗菌効果については世界的にも広く知られており、オーストラリアだけでなく、欧米や日本を含む世界各国の研究者が現在も研究を進めています。
また、オーストラリアでは民間療法として様々な方法でティーツリーオイルが利用されています。

ティーツリーオイルの抗菌効果に関する研究・活用事例

ティーツリーオイルの抗菌効果に関する研究に関する情報や、オーストラリアでのティーツリーオイルの活用事例についてブログ記事でご紹介します。

  1. カビで実験 ティーツリーの抗菌効果
    パンに生えたカビを使ってティーツリーオイルが真菌(カビ)の増殖をどれほどまでに抑制できるかを実験しました。
  2. カンジダ菌によるティーツリーの抗真菌効果の検証
    2006年にヨーロッパの研究者によって発表された研究論文。この研究・実験ではカンジダ菌に対するティーツリーオイルの抗菌効果を他の抗真菌薬と比較する形で検証しています。
  3. インフルエンザ予防とティーツリーオイル
    2007年3月にドイツのミュンヘンで開催された国際会議で発表された研究結果。テルピネン4オールを中心に組成されるティーツリーオイルがインフルエンザウイルス(H1N1型)に対してどのように作用するのかを実験によって検証するというものでした。
  4. ティーツリーで爪水虫対策
    ティーツリーオイルを活用して爪水虫対策を行った時の体験談。ビフォア・アフターの画像でご紹介します。
  5. イボ取りとティーツリーオイル
    医師に「細菌性のイボ」と診断されたイボに対してティーツリーオイルで退治に挑戦。しかしイボ対策に効果的な精油はティーツリーではなく、他にありました。
  6. 風邪予防・うがいに使うためのティーツリーの選び方
    うがいに適したティーツリーオイルの選び方
  7. ダニ駆除とティーツリーオイル
    ティーツリーオイルを活用したダニ駆除はオーストラリアでは比較的よく知られた方法です。
  8. ティーツリーマウスウォッシュの作り方
    日本の医療大学でも研究されているティーツリーオイルを活用したマウスウォッシュを自宅で簡単に作る方法。
  9. 放射線とティーツリーオイル
    放射線焼けに対してティーツリーオイルが活用された事例。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

レモンティーツリーが3本セットでお買い得です♪

Img_3895今の時期から大活躍するのが、虫除け効果のあるエッセンシャルオイルたち。
その中でも香りが良く、強力な虫除け効果で人気なのがレモンティーツリーオイル。レモンユーカリオイルと並んで、その高い虫よけ効果のため、自作の虫よけ素材としてや、ディフューザーなどを使っての虫よけ目的で、個人だけでなく、会社さんや幼稚園さんなどもまとめ買いされることの多いこのオイルです。

出荷量の一番増えるこの時期に合わせて期間限定セールとして3本セットの販売を開始させていただきました。
通常、50mlボトル1本2,600円のところ、3本で6,000円(通常価格だと7,800円)ですから23%ほどもオトクになります。

ただし昨年より引き続き、オイルの生産が不安定な状況が続いています。そのため、在庫量に限りがありますので、今回は期間限定として10月末までを目処に販売させていただく予定です。なお、状況によっては販売終了を繰り上げさせていただく場合もございますので、予めご了承下さい。


レモンティーツリーオイル 3本セット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土)

ティーツリーのスプレーで野山に住む大型のダニ退治実験

Img_3876 ダニ駆除にティーツリーオイルが有効なのは知られていますが、これはカーペットや畳にいる小さなダニを指してのことが一般的で、こんな大きなダニには効果があるのか・・・ということで実験をしてみました。

画像のダニは日本でも最近、深刻な感染症の原因として話題になることの多い野山にいるダニ。オーストラリアでは珍しいものではなく、ちょっと野山に入れば割とどこにでもいます。
今回、実験に使った画像のもので大きさは3ミリ(吸血前)ほど。 このダニに対してヒーリングスタイルの「ティーツリーのダニ駆除スプレー」を直接スプレーし、経過を観察しました。

容器の中で歩き回っていたダニですが、スプレー直後から5分間ほど、全く動かなくなりました。が、その後は再び歩きまわります。全く効果がなく、元気なようにも見えましたが、実はそうでもなく、その後、1時間ほど経過すると体を小さく丸めるようになって、死んでしまいました。
さすがにこれほど大きなダニになると小さなダニのように一撃でコロッとは仕留められませんでしたが、ティーツリーの成分がジワジワと効いていったようです。
逆にこれほど大きなダニにも効果があるのですから、小さなダニにはかなり強力な効果が期待できるのでしょう。


ところでこの大きなダニですが、体が固く、指先で潰してもなかなか潰すことができません。が、ティーツリーオイル(ピュアオイル)を1滴ドロップすることで簡単に退治することができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

靴や下駄箱のニオイ対策には「ティーツリーのダニ駆除スプレー」が効果的!

Img_3445ティーツリーの持つ強力な抗菌効果は水虫対策などでしばしば活用されていますが、実はニオイ対策にもとっても効果的。

画像はヒーリングスタイルの「ティーツリーのダニ駆除スプレー」ですが、ティーツリーオイルの成分を活用したこのスプレーはダニ駆除だけでなく、靴のニオイ対策にも効果的なんです!
使い方は簡単で、帰宅後などにスプレーして一晩置いておくだけ。ニオイの原因となる雑菌の増殖を抑えてくれることで、あの嫌なニオイの発生を根元からシャットアウト! もちろん、靴だけでなく、玄関の下足箱などで使用するのも効果的。
同様に雑菌の増殖が原因となるスポーツバックなどのニオイ対策にも使えます。

ただし、注意したいのは薄い色の革製品や布製品。このスプレーはシミになりにくい素材を使って作られていますが、それでも念のため、シミになりやすい素材の場合には事前に目立たない場所でお試しいただいてからご使用下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

「ニュージーランド産のティーツリー」の正体とは?

Manuka「ニュージーランド産のティーツリーを探しているのですが・・・」

そんなお問い合わせとともにここ数日、出荷が増えているのがこの木から抽出されたエッセンシャルオイル。その名は「マヌカ」。

ニュージーランドでは、しばしばこの木を指して「ティーツリー」と表現するため、混乱が生じているようです。
植物の主な生産地が共にオセアニアであり、植物自体も見た目が少し似ていて、さらに双方のオイル共にその強力な抗菌効果が特徴のため、混乱に拍車がかかっているのです。

一方で共に高い抗菌効果があるものの、抗菌成分はそれぞれ全く別の成分。オイルの構成成分も全く異なりますので、香りも全く似ていません。
植物自体も見た目は似ていますが、植物学的分類では別の系統で、マヌカはLeptospermum種の植物、ティーツリーはMelaleuca種の植物です。ちなみにレモンティーツリーはLeptospermum petersoniiという学名を持っており、実はマヌカに近い事が分かりますね。

ということで、もし「ニュージーランド産のティーツリーオイル」をお探しであれば、マヌカオイルをご選択下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

【体験談】旅先でティーツリーを使って靴のニオイ対策

Img_3654先日、出張でスタッフが活用したのがティーツリーオイル。使ったのは靴のニオイ対策でした。

出張先や旅先では普段よりたくさん歩く方も多いのではないでしょうか。そうすると足が蒸れて、靴のニオイが気になったりしませんか?

先日の記事ではティーツリーのダニ駆除スプレーを活用する方法をご紹介しましたが、ティーツリーオイルは日頃から持ち歩いているものの、スプレーを持っていなかったため、オイルをそのまま活用してみました。

用意したのはホテルの部屋にあったハンドタオル。

これを水で濡らして軽く絞ります。ここにティーツリーオイルを10滴ほどドロップ。その後、タオルを軽く揉んでオイルをタオルに含まれた水に撹拌。
あとはこのタオルを使ってニオイの気になる靴の中をしっかりと拭きます。そのまま一晩乾燥させると・・・
ティーツリーオイルの抗菌成分により、靴の中でニオイの原因となる雑菌に活動・増殖を抑制してくれて、翌朝にはニオイはすっかりなくなってしまいました。

旅のお供にオススメしているティーツリーオイル。ケガや傷の殺菌などのほかに、こんな便利な使い方がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月14日 (木)

精油で窓や網戸・玄関の虫除けスプレーを作る

2009big_mos エッセンシャルオイルは玄関や窓の虫除けとしても活用できます。

こちらオーストラリアは秋になり、ものすごく蚊が増える時期になりました。少し外に出ると蚊が、それもたくさんの数の蚊が追いかけてくる状況。
ヒーリングスタイルの「ハーブの虫除けスプレー」を使うと刺されませんから、とってもよく効くことは証明できて良いのですけれど、窓やドアの前でブンブン飛び回って、開くのを待っているように居座る蚊にはやっぱり困ります。そして、実際に戸が開くと素早く屋内に入り込んできます。
そこで作ってみたのが窓や網戸に使うスプレー。これで蚊を追い払う計画です。何より安価で簡単に作れるのが魅力ですね。  

<用意するもの>  
・スプレー容器  
・蒸留水(ペットボトル入り飲料水でも良い)  
レモンユーカリオイル  
ペパーミントオイル

今回は蒸留水125mlにレモンユーカリオイル10滴、ペパーミントオイル10滴を加えました。

バランスは作る全体量に合わせて調整してください。 オイルは水に溶けませんが、容器を良く振るとオイルが撹拌されて白く濁ったようになります。
こうしてしっかりと撹拌してから窓や網戸、玄関ドアなどにスプレーを使用します。特に初回は多めにしっかりスプレーしましょう。

効果は条件にもよるかと思いますが1週間ほどは蚊がほとんど近づいてきませんでしたので、かなり満足な結果でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足のニオイ対策にティーツリースプレー  

Img_0794 真夏の外回り。オフィスや自宅に戻ったら靴の中が汗でぐっしょり、な んていう方も多いのではないでしょうか。
こんな状況がしばらく続くと湿った足や靴も不快ですが、気になるのはそのニオイ。意外に本人は気が付かないことも多いので注意が必要です。

ニオイの原因は汗だけでなく、そこに増殖する雑菌。ですから帰宅後にはできるだけ毎日、石鹸でしっかり足を洗うのがポイント。しかし靴の中までは洗えませんし、洗いきれなかった爪の間などがニオイの原因となることもありますので、活用したいのが強い抗菌効果を活用したティーツリースプレーです。
ティーツリースプレーはティーツリーオイルをアルコールで3%程度に希釈して作ることができます。
ただし靴などには良いのですが、足には刺激が強く、肌がカサカサになってしまいますので気をつけたいですね。 この場合は「水でうすめてつかえるティーツリーオイル(水溶液)」を5倍ほどに水で希釈してスプレーなどで使用する方法もあります。

私が個人的に活用しているのは「ティーツリーのダニ駆除スプレー」。
ダニ駆除と足のニオイ対策には何ら関係がないのでは・・・とお思いかも知れませんが、このスプレーの主成分はティーツリーオイル。シミになりにくいダニ駆除を目的とした成分構成にはなっていますが、一種のティーツリースプレーです。
ということで、夏の出張時には仕事が終わった後のホテルの部屋で洗った足と靴のにしっかりスプレー。とても大活躍してくれました。
靴の場合は内側にスプレーして風通しの良い場所で乾かすだけ。靴のニオイが抑えられれば玄関脇の靴箱の臭い対策にもなりますね。

夏の足のニオイ対策にティーツリーオイルの抗菌効果を活用してみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「過酷な環境」はティーツリーに「適した環境」